本文へ移動

試合結果・告知詳細

試合結果

NEW令和6年度高校総体ラグビー競技は九州学院が3年連続5度目の優勝!
  • 優勝の九州学院メンバー
  • 表彰式 優勝 九州学院
  • 優勝の九州学院メンバー
  • 表彰式 準優勝 熊本西
  • 準優勝の熊本西メンバー
  • 表彰式 3位 熊本工業
令和6年度高校総体ラグビー競技は九州学院が3年連続5度目の優勝!
「第77回全九州高校ラグビー大会」の予選を兼ねた「令和6年度 高校総合体育大会ラグビー競技」の最終日が6月4日(火)、熊本県民総合運動公園スポーツ広場で3位決定戦と決勝戦が実施されました。試合の結果、3位決定戦は熊本工業が熊本に31-7で勝利し3位が決定しました。決勝戦は九州学院が熊本西に28-12で勝利し、3年連続5度目の総体優勝を飾りました。
 
【決勝戦 九州学院-熊本西 マッチレポート】
昨年の高校総体決勝と同一カードとなった決勝は、昨年苦杯をなめた熊本西が雪辱を果たすか、九州学院が返り討ち3連覇を達成するか、注目の一戦となりました。
 
九州学院のキックオフで始まった試合は、前半5分試合が動きます。九州学院が相手陣でノットロールアウェイの反則をもらうと、タッチに蹴りだしラインアウトを選択。確実にキャッチしモールをつくると、キャプテン⑧下林がサイドをついて先制トライ。⑫吉田のコンバージョンゴールも決まり、九州学院が7―0と先制します。15分には、熊本西も反撃しようと相手陣でのラインアウトからBKに大きく展開しますが、狙いすました九州学院⑫吉田が見事にインターセプト。70メートルを走り切りトライ(ゴール成功)、14-0とします。さらに22分には、相手ゴール前でペナルティをもらった九州学院がクイックスタート。③田浦がインゴールに飛び込みトライ(ゴール成功)、21-0と引き離します。熊本西も相手陣深く攻め込みますが、大事なところで反則を犯してしまい、得点することができずに前半終了。
 
後半は、熊本西が果敢に攻め続けます。なかなか九州学院の堅いディフェンスを突破できずにいましたが、10分、熊本西がBKに展開し大外で大きくゲイン、ゴール前で九州学院がペナルティの反則を犯すと、熊本西はFW勝負。1年生の④水本が飛び込みトライ(ゴール失敗)。21-5と追い上げます。しかし九州学院も流れを渡しません。15分、相手ゴール前でこの試合優位にたっているスクラムをもらうと、⑧下林がサイドをついてそのままトライ(ゴール成功)、28-5とします。このままでは終われないと、熊本西も最後に意地を見せます。29分、FW・BK一体となり攻め込むと⑫東がディフェンスラインを突破、ゴール前でつかまるも、うまくつなぎ1年生⑬村上がトライ。ゴールも決まり28-12としましたが反撃もここまで。タイムアップとなり、九州学院が28-12と勝利し、3年連続5度目の優勝を飾りました。
 
なお、両チームは、6月15日から鹿児島県で行われる九州大会に出場します。県代表として更なる活躍を期待します。
決勝戦 九州学院ー熊本西
3位決定戦 熊本ー熊本工業
TOPへ戻る