試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第40回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」準決勝戦 結果
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
準決勝戦 熊本西VS岱志
「第40回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」準決勝戦 結果の説明
 2月16日から21日にかけて佐賀県で開催される九州高校新人大会出場を目指す「第40回全九州高校新人大会県予選兼 RKKカップラグビー大会」準決勝戦が1月20日(土)県民総合運動公園ラグビー場で実施され、熊本西と九学が勝利し決勝戦へ勝ち進みました。
 
 第1試合「熊西対岱志」
 熊西のキックオフで開始。前半2分ハーフウェイライン近くのラインアウトから熊西8番井島が突っ込み、10番中尾へつなぎ中央へ先制トライ、ゴールコンバージョン成功で7-0とリード。その後はややこう着状態でしたが、15分に熊西12番井上が左タッチライン沿いを快走し最後は中央へトライ(G成功)14-0と優位に立ちます。その後も3T3Gを追加し35-0と大量リードで前半終了。
 後半、なんとか得点したい岱志は必死に攻撃しますが、熊西の堅いディフェンスを破れず、逆に12分岱志ゴール前のPKでスクラムからモール攻撃でFWが突進、最後は右中間にまたもや12番井上が押さえ込んでトライ(G成功)42-0とリードを広げます。その後も3T3Gを加えた熊西ですが、ロスタイムに入った31分岱志も意地の反撃を見せます。熊西ゴール前で力を振り絞ってのモールでフェイズを重ね、ついに3番赤澤が右中間に飛び込みトライ!ゴールキックは不成功でしたが、執念のトライで一矢報います。しかし、そこでノーサイド、結局8T8Gを奪った熊西が56-7で大勝しました。
 岱志はディフェンス面でやや課題を残しましたが、昨年の全国大会から7人のメンバーが残った熊西がFW、BKともに実力を発揮、バランスの良さで抜け出た試合でした。
 
 第2試合「熊工対九学」
 第2試合は打って変わって取りつ取られつ、最後までどちらの勝利かわからない接戦となりました。
 先制したのは九学でした。8分、熊工ゴール前のスクラムから右へ展開、九学9番上野(康)が右隅へ飛び込みトライ(G不成功)5-0とします。しかし、13分、16分に熊工が2T1Gを返し12-5。直後の19分には今度は九学がPKからタッチ、ラインアウトでモールを押し込み2番亀井がトライ、10-12と2点差。その後ともに1T1Gをあげ、19-17で熊工リード。前半終了間際の28分、ハーフウェイライン近くの九学スクラムからのパスを熊工9番武井がインターセプト、そのまま走りこんで中央へトライ、ゴールキックも成功で前半は26-17と熊工優位で終了します。
 後半もお互い点の取り合いで3分・24分に九学が2T2G、21分・27分に熊工が同じく2T2Gをあげ得点は40-31と9点差で熊工リード。そのまま終わるかと思われましたが、最後の最後にドラマが待っていました。28分九学が熊工ボールのラインアウトでボールを奪い14番倉田が持ち込み右隅へトライ、ゴールキックは不成功でしたが
36-40と4点差。さらにロスタイムに入った32分に九学がBKのスピードで勝負、最後は13番村上が左タッチライン沿いを走り切り、左隅へ飛び込んでトライ!難しい位置のゴールキックも成功しついに43-40と大逆転。そしてノーサイドとなり、最後まであきらめなかった九学が大接戦を制し、執念の勝利をあげました。
 ただ、両チームともややイージーなミスやディフェンス面の甘さが目立ち、それが得点に結びつくケースが多かったのが、今後の課題と言えるでしょう。
 
試合結果とスケジュール詳細は下記をクリック願います。
 
 決勝戦は1月27日(土)午後1時から運動公園スポーツ広場で実施、RKKテレビで27日深夜、録画放送されます。決勝戦に先立ち午前11時(予定)平成29年度熊本県高校ベスト15の表彰も実施予定です。
ぜひ、グラウンドでのご声援をお願いいたします。
 
※準決勝戦 熊本工vs九州学院の写真はこちらのフォトギャラリーをご覧ください。
RKKカップラグビー大会試合結果   (2018-01-20・59KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1614149