試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第38回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」1回戦試合結果
開会式
開会式
前年度優勝 荒尾・岱志高から優勝旗返還
畠田 昇選手(荒尾・岱志)による選手宣誓
講習会の模様 講師:村田高校委員長
講習会の模様 講師:今田レフリー委員長
講習会の模様
講習会の模様
開会式
「第38回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」1回戦試合結果の説明
 2月20日から24日にかけて地元熊本県で開催される九州高校新人大会出場を目指す「第38回全九州高校新人大会県予選兼 RKKカップラグビー大会」が1月9日(土)から県民総合運動公園スポーツ広場で始まりました。
 この大会は花園の全国大会が終わった後の2年・1年生による新人戦で前回は第1シード荒尾と第2シード熊本西の決勝戦になりましたが、 荒尾が終始優位にゲームをすすめ47-10で優勝しました。
 1回戦の結果。濟々黌と熊本西高が16日(土)、運動公園ラグビー場で行われる準々決勝へ勝ち進みました。試合スケジュール詳細は下記をクリック願います。
 決勝戦は1月30日(土)午後1時から運動公園スポーツ広場で実施(水前寺競技場が改修工事のため)、RKKテレビでは深夜に録画放映されます。また、試合に先立ち午前11時から平成27年度熊本県高校ベスト15の表彰も実施予定です。
 ぜひ、グラウンドでのご声援をお願いいたします。
 
 又、今回初めての企画として新人戦1回戦の試合の前にスポーツ広場2階席において「分かりやすいラグビー」をテーマにラグビーのルール、魅力について講習会が行われました。
 村田高校委員長と今田レフリー委員長が講師となり、高校生の保護者を中心に多くのラグビーファンの方が熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
 村田委員長からはラグビーの競技としての成り立ち、歴史、ラグビー精神とはについて熱く語られました。今田委員長からは「初めてのラグビー観戦・ルールのなぜ?」をテーマにルールの基本について、高校生をモデルに立たせて分かりやすく説明されました。ルールについてはワールドカップ日本代表の畠山選手(サントリーサンゴリアス所属)が記者会見で「代表選手でもすべてのルールを理解しているわけではない(笑)」と言っていました。今田委員長も最後のまとめとして「細かいルールも大切ですがスピード感やプレーの音、迫力を感じてください。そして一生懸命にプレーする生徒の皆さんを応援してあげてください」というメッセージにラグビー観戦の魅力が凝縮されていました。

 次回も同じ内容で1月16日(土)に運動公園ラグビー場のスタンド席中央付近で第1試合の前、10時30分から10時50分まで講習会を行います。尚、事前の申し込みは必要ありません。当日、直接会場までお越しください。雨天の場合も開催いたします。
 こちらも多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
H27 RKKカップラグビー試合結果   (2016-01-09・57KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1592020