試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第45回会長杯高校ラグビー大会」Aブロックは熊本西が優勝!
Aブロック決勝戦 熊西VS岱志
Aブロック決勝戦 熊西VS岱志
Aブロック決勝戦 熊本西VS岱志
Aブロック決勝戦 熊本西VS岱志
Aブロック決勝戦 熊本西VS岱志
Aブロック決勝戦 熊本西VS岱志
Bブロック3位決定戦 熊本VS八代工
Bブロック3位決定戦 熊本VS八代工
Bブロック3位決定戦 熊本VS八代工
Bブロック3位決定戦 熊本VS八代工
Bブロック3位決定戦 熊本VS八代工
Aブロック決勝戦 熊西VS岱志
「第45回会長杯高校ラグビー大会」Aブロックは熊本西が優勝!の説明
 高校新年度最初の公式戦、「第45回会長杯高校ラグビー大会」が3ブロックに13チームが参加し4月7日(土)から22日(日)にかけて開催されました。
 Aブロックは熊西が熊工を、岱志が九学をそれぞれ破り決勝戦へ進出。15日(日)3位決定戦は35-21で九学が熊工に勝利しました。
 Bブロックは済々黌が熊高を、熊本北が八代工を破り14日の肥後銀行ラグビー場での決勝戦へ。前半は7-7で同点でしたが、後半に2T1Gを追加した熊北が済々黌を19-7で降し1位になりました。
 Cブロックは東海大星翔、専大玉名、開新・東稜・第二の合同チームで15日に総当たり戦を行い、2勝を挙げた東海大星翔が1位となりました。
 4月22日(日)運動公園ラグビー場で実施のBブロック3位決定戦熊高VS八代工は43-5で熊高が勝利しました。
 
 なお、Aブロック決勝戦前に実施された高校総体へ向けてのシード決定戦、Aブロック4位熊工VSBブロック1位熊北戦は47-10で熊工が勝利。Aブロック3位九学VSBブロック2位済々黌戦は82-0と大差で九学が勝利。Aブロック決勝戦は熊西が後半逆転に成功、19-14で1位となりました。この結果、高校総体は第1シード熊西、第2シード岱志、第3シード九学、第4シード熊工に決まりました。
 
(Aブロック決勝:熊西VS岱志)
 Aブロック決勝戦は前半しばらくこう着状態が続きますが、岱志がやや有利に進め、13分に熊西ゴール前で執拗に岱志がFW戦を仕掛け、西FWを釘付けにした隙をついて右へ展開。1年生FB永目がステップとスピードでラインブレイクし、そのまま右中間へトライ。ゴールコンバージョンも成功し7-0と先制します。その後、18分ハーフライン近くであげたハイパントのボールを岱志6番櫻木がそのままキャッチし右隅へ飛び込んでトライ、難しい位置のゴールキックも10番江黒が決めて14-0とします。しかし、このままでは終われない熊西は前半終了間際、度重なるオフサイドでシンビンとなった岱志FW1名減の数的不利をうまく突いて今度は西FWがラッシュ、岱志FWを押し込み最後は4番緒方が左隅にダウンボールしトライ、ゴールキックは不成功だったものの5-14と反撃の糸口をつかんでハーフタイム。
 後半は、前半最後の得点で勢いづいた熊西が試合の主導権を握り、5分岱志ゴール前でもらったPKからモールを形成。フェイズを重ねて岱志FWを巻き込みすばやく右へ展開、10番中尾が右隅へ切れ込んでトライ、Gも成功で12-14と迫ります。さらに、18分西高陣内10mライン付近のスクラムからまたもや10番中尾が抜け出しそのまま60mを走り切り左隅へトライ。G成功でついに19-14と逆転に成功。その後も得点を許さず、結局そのままのスコアでノーサイド、Aブロック1位となりました。
 前半の不利な状況でも熊西は慌てず、得点してからは自分たちのペースを継続したしぶとさと、試合運びのうまさが光った試合でした。
 
※その他の写真はこちらのフォトギャラリーをご覧ください。
 
平成30年度 会長杯試合結果   (2018-04-25・60KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1611242