熊本地震の支援活動

 

熊本地震の支援活動

熊本地震の支援活動
 
6月12日(日)トップリーガーが熊本の子供たちを元気づけてくれました!
全員で集合写真
全員で集合写真
キューデンヴォルテクス スタッフの濱田修一さん(左から)パナソニックワイルドナイツの水上彰太選手と設樂哲也選手
水上選手と設樂選手によるリフティング体験
子ども達と交流の水上選手
子ども達と交流の設樂選手
そうめんの炊き出しが振る舞われました
お楽しみのプレゼントジャンケン大会
快くサインに応じていただいた水上・設樂両選手
仙台ラグビースクールより義捐金の寄付
そうめんの炊き出しをしていただいた長崎県島原の一高本舗殿村社長
全員で集合写真
6月12日(日)トップリーガーが熊本の子供たちを元気づけてくれました!の説明
 熊本地震の復興支援活動として、6月12日(日)午前9時からお昼過ぎまで、雨天の為熊本市立田迎小学校体育館に場所を移し、ジャパンラグビートップリーグの選手たちによる震災復興支援イベント「トップリーガーとタグラグビーで遊ぼう!」を開催、子供たちと交流しました。

 参加選手はパナソニックワイルドナイツの設樂哲也・水上彰太選手に地元キューデンヴォルテクスのスタッフの濱田修一さん(タグラグビー普及担当)、それに九州協会森内普及育成委員長、三原副委員長、長崎協会松田さん、大分協会上田さんの指導で、雨天の中集まった幼稚園児から中学生までおよそ160名、大勢の子供たちにゲーム感覚でのプレイをレクチャーし、みんなは体育館いっぱいを使って、大きな声をだし、元気よく走り回り、日ごろの運動不足を解消しました。みんなの嬉々とした顔が印象的でした。

 宮城県の仙台ラグビースクールからはコーチの佐藤和輝さんがわざわざ来られ、5年前東日本大震災支援のお返しで熊本県ラグビー協会に義捐金を渡されました。また、トップリーグチームからのミニボールやTシャツなど多数のプレゼント抽選会もあり、子供たちは大満足。さらに、先週のストリートラグビーにもご支援いただいた長崎県島原の一高本舗殿村社長が2週連続で来熊され、おいしい島原ソーメン200食の炊き出しをしていただき、一生懸命動き回った子供たちのお腹の中に速攻で納まりました。設楽・水上選手も遅くまでサイン会をしてもらいました。

 ご支援いただいたトップリーガー、仙台ラグビースクール、一高本舗そして九州協会普及育成委員会の皆さま、ほんとうにお世話になりました。熊本の子供たちも厳しい状況の中、今日一日は楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。
 
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1574488