高校からのお知らせ

 

高校からのお知らせ

高校からのお知らせ
 
第97回全国高校ラグビー大会1回戦、熊本西は初戦の青森北に勝利!
2017-12-31

 第97回全国高校ラグビー大会が12月27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕しました。(1月8日まで)

 6年振り10度目出場の熊本県代表の熊本西高は、青森県代表の青森北高校と、開幕2日目の28日 午前11時20分から花園第2グラウンドで対戦しました。

 

 前半は熊本西のキックオフでゲームがスタート。前半4分熊西は、青森北ゴール前5mラインのラックからモールを押し込み9番森田がインゴールに飛び込み先制のトライ。15番後藤が落ち着いてコンバージョンゴールを決めて7-0とします。さらに9分、熊西は自陣10mラインのマイボールスクラムを起点とし、バックスへ展開、敵陣に入ってフェーズを重ねラックから9番森田がラックサイドのギャップを突いてゴール中央にトライ

、ゴールも決まり14-0とします。22分に熊西は敵陣10mラインのPKから仕掛け、モールで一気に青森北ゴール前まで迫り、青森北が反則。PKから形が整ったモールで前進し、9番森田がインゴールに飛び込みトライ(ゴール成功)で21-0と点を重ねます。さらに熊西はキックをキャッチした青森北ボールをターンオーバー、9番森田がうまくボールを散らして青森北ゴールに迫り、ラックから左に展開、8番井島、2番大森、最後は14番山村にボールが渡り走り切ってトライ、15番後藤がこのゴールも決めて28-0と点差を広げ前半を折り返します。

 

 後半も開始早々からテンポのいいアタックをみせる熊西は2分、敵陣5mラインのマイボールスクラムからBKへ展開、12番井上が大きくゲインしラックから右に出たボールを8番井島が走り込んでそのままトライ。ゴールも決まり35-0とします。後半6分には青森北のスピードがあるBK陣が熊西ゴール前まで迫り、トライかと思われましたが、熊西が粘り強いディフェンスで相手が反則、アタックだけではなくディフェンスでも魅せます。8分には自陣22mラインのマイボールラインアウトを起点に、得意のモールで15m程前進したところで右に展開、15番後藤がステップでうまく相手ディフェンスをかわしてトライ(ゴール不成功)40-0とします。攻撃の手を緩めない熊西は11分には13番清水、 14分には9番森田、17分には10番中尾がそれぞれトライを決めて61-0と大量リード。さらに熊西は19分、ハーフウェイラインのラックから左に展開、13番清水が相手ディフェンス2人をかわし50mを独走してトライ(ゴール成功)68-0とします。26分に熊西はラックからモールを形成すると見せかけ、左へ18番紫藤が抜け出し9番森田へパス、そのままインゴールに飛び込みトライ(ゴール不成功)73-0。終了間際の29分には、青森北ゴール前5mのラックから9番森田が空いた前のスペースを見逃さず、そこをうまく突いて抜け出しゴールポスト真下にこの試合6本目のトライを決めて78-0(ゴール不成功)となり、ノーサイドとなりました。

 

 県大会でもその破壊力を見せつけたモールが、全国の舞台でさらに磨きがかかり、ゲームの主導権を握りました。また、モールだけではなく、スピードと突破力を兼ね備えたバックス陣に9番の森田選手からタイミングよくボールが展開されて、青森北にディフェンスの的を絞らせなかったことが勝因となりました。

 

 

(全国大会1回戦)

12月28日(木) 花園第2グラウンド/11:20 KO

 熊本西      青森北

前半・後半     前半・後半  

4  8   T  0  0

4  5   G  0  0

0  0  PG  0  0  

0  0  DG  0  0  

28 50 得点  0  0  

 78   合計    0

qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1656621