高校からのお知らせ

 

高校からのお知らせ

高校からのお知らせ
 
6月24日(土)・25日(日)高校セブンズ大会開催、組み合わせ決定。
2017-06-19
 「第4回全国高等学校7人制ラグビー大会県予選兼第7回熊本セブンズフェスティバル高校の部」が12チーム参加で6月24日(土)・25日(日)熊本県民総合運動公園ラグビー場で開催されます。
 前年は7月の高校選抜日韓交流大会の熊本高校セブン選抜韓国遠征の関係により3月に実施されましたが、今年は例年通りこの時期に実施いたします。なお、優勝チームが7月開催の全国大会へ出場いたします。
 昨年は九州学院が2年ぶりに優勝し2度目の全国大会に出場しましたが、15人制とはまた違った趣きのある大会だけに、今年はどのチームになるのか熱戦が期待されます。
 
 
第70回全九州高校ラグビー大会速報。熊西は初戦、九学は準決勝で敗退。
2017-06-19
 「第70回全九州高校ラグビー大会」が6月17日(土)から鹿児島県立ラグビー・サッカー場で開催されました。
 熊本からは1位ブロックに先日の高校総体を制した熊本西、2位ブロックに準優勝の九州学院が出場しました。
 1位ブロック熊本西は初戦、強豪の佐賀工業と対戦し、前半は7-5とリードするものの後半2トライを奪われて逆転を許し7-22で惜しくも初戦敗退となりました。
 2位ブロック九学は初戦、鳥栖工業と対戦し前半は14-7とリードして終了。後半も2トライをあげて着実に加点し26-12で準決勝に進みました。
 二日目の準決勝では福岡県代表の筑紫高校と対戦。やはり、福岡はレベルが高く前・後半合わせて9トライを献上、後半に入り1トライを返すも大差のリードを縮めることができず結局7-57で敗れ、決勝進出はなりませんでした。
 
6月17日(土)[1回戦]
【1位ブロック】
熊本西 7- 5 佐賀工業
    0-17
    7-22
 
【2位ブロック】
九州学院 14- 7 鳥栖工業
     12- 5
     26-12
 
6月18日(日)[準決勝戦]
【2位ブロック】
九州学院  0-19 筑紫(福岡県)
      7-38
      7-57
 
 
「第70回全九州高校大会」6月17日より開催。熊本西は初戦で佐賀工と対戦
2017-06-12
 「第70回全九州高校ラグビー大会」が6月17日(土)から20日(火) に、鹿児島県立サッカー・ラグビー場 (鹿児島県鹿児島市中山町433)Aコート・Cコートで開催されます。
 熊本からは1位ブロックに先日の高校総体を制した熊本西、2位ブロックに準優勝の九州学院が出場しますが、17日の初戦、熊本西は14:30からAコートで佐賀工業と、九州学院は11:50からCコートで鳥栖工業(佐賀県)と対戦が決まりました。
両チームも持ち味を十分に発揮して初戦突破を期待します。
 
※組合せはこちらの九州協会のホームページをご覧ください。
 
 
「第45回高校総体ラグビー」は熊本西が3年ぶり12回目の優勝を飾る!
2017-06-12
 
速報・高校総体ラグビーはシード4校が準決勝へ!
2017-06-02
 6月16日から20日まで鹿児島県で開催される九州大会予選を兼ねた「第45回高校総合体育大会ラグビー競技」1回戦が5月27日(土)28日(日)に先行開催、準々決勝戦が6月2日(金)に運動公園ラグビー場で実施されました。
 これまでの結果から熊本西、九学、熊工、岱志の4校がシードされ、上位2校が九州大会に出場です。今回は初出場の開新高校含む単独チームのみの全13チームが参加となりました。
 1回戦の結果、熊本北、専大玉名、岱志、東海大星翔、第二高校が6月2日(金)の準々決勝へ勝ち進みました。

 準々決勝戦ではシード校にノーシード校が挑むパターンとなりましたが、いずれもシード校熊本西、岱志、熊工、九学の4チームが危なげなく勝利し6月4日(日)の準決勝へ進みます。各試合とも、ノーシードチームが果敢に戦いましたが、いずれも試合前半は善戦するものの次第に得点を奪われリードを許す展開となりました。その中で第4シード岱志に挑んだ専大玉名が後半リードされながらもきつい時間帯に立て続けに2トライを奪う健闘を見せました。

 準決勝戦2試合は6月4日(日)運動公園ラグビー場で11時から熊本西VS岱志、12時20分から熊工VS九学のカードで行われます。
 
 
第45回高校総体ラグビー決勝戦の会場は運動公園ラグビー場に変更です。
2017-05-23
 
第45回高校総体ラグビー組合せ決定。5月27日(土)からスタート。
2017-05-12
 6月16日から20日まで鹿児島県で開催される九州大会予選を兼ねた「第45回高校総合体育大会ラグビー競技」 の組み合わせがこのほど決まりました。
 これまでの結果から熊本西、九学、熊工、岱志の4校がシードされ、5月27日(土)から6月6日(火)まで運動公園ラグビー場で試合が行われます。上位2校が九州大会に出場です。今回は初出場開新高校含む単独チームのみの全13チームが参加となりました。
 
 前年は、荒尾・岱志と九学との決勝戦になりましたが、九学が前半の2点差を後半5T3Gを奪う猛攻で43-14と逆転し、3年ぶり2回目の優勝を飾っています。
 今年の1月RKKカップ新人大会は熊本西が制していますが今大会はどうなるのでしょうか?
 熊本県ラグビーファンの皆様の熱いご声援をお願いいたします。
 
 
平成29年4月より県立八代清流高校にラグビー部が発足しました!
2017-04-26
 この度、4月から熊本県立八代清流高校にラグビー部が発足しました。昨年、創部された開新高校に続いての嬉しいニュースとなりました。これで熊本県内のラグビー部は合計14校となりました(開新高校ラグビー同好会含む)。
 八代清流高校は八代南高校及び氷川高校の再編・統合より、2011年に誕生しました。氷川高校は全国高校ラグビー大会に過去3回出場するなど県内高校ラグビーの強豪チームとして歴史を刻んだラグビーの名門校でした。現在、八代地区の高校では八代工業のみが活動をしています。過去には八代高・八代農業・氷川高・小川工業の各校にもラグビー部が存在し、各校OBの方も数多くいらっしゃいます。また、八代地区ラグビー協会もあり、ラグビー人口はかなり多く、八代地区ラグビーフェスティバルや女子7人制大会が開催されるなど活動も活発で、創部にあたってはその方たちの願いもあり今回の発足が実現しました。
 
 3月17日(金) 12:00から八代清流高校校長室において、冨下春海校長・山西孝起教頭・顧問予定の瀬畑洋樹教諭が臨席される中、後藤熊本県協会副会長・村田高校委員長・橋本八代協会会長・江島八代協会理事が発足の激励に伺いました。橋本会長からは今後の活発な活動に期待を込めて、ラグビーボール10個が生徒会長へ贈呈されました。
 今回、約500名の生徒に対して男女とも部員の募集をかけられます。
 熊本県ラグビー協会としましても、一致団結して応援・支援をしたいと考えています。
 
 
「第47回会長杯高校ラグビー大会」の試合結果。Aブロック優勝は熊本西。
2017-04-23
 
4月8日(土)~23日(日)「第47回会長杯高校ラグビー大会」開催。
2017-03-27
 高校新年度最初の公式戦、「第47回会長杯高校ラグビー大会」が4ブロックに12チームが参加し4月8日(土)から23日(日)にかけて開催されます。会場は4月8日(土)が運動公園スポーツ広場、9日(日)が荒尾市陸上競技場、22日(土)と23日(日)が運動公園ラグビー場です。
 ブロック分けと試合組み合わせ、スケジュールは下記をクリックしてご覧ください。今年度、Cブロックは10人制と15人制の部の2ブロックに分けて実施されます。
 なお、23日(日)10:00より「Aの4位」VS「Bの1位」、11:00より「Aの3位」VS「Bの2位」による高校総体のシード決定戦をラグビー場で実施いたします。
  

 
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1453899