試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第46回会長杯高校ラグビー大会」Aブロックは熊本西が優勝!
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
Aブロック 3位決定戦 岱志VS熊工
Aブロック 3位決定戦 岱志VS熊工
Aブロック 3位決定戦 岱志VS熊工
Aブロック 3位決定戦 岱志VS熊工
Bブロック 決勝戦 熊北VS済々黌
Bブロック 決勝戦 熊北VS済々黌
Aブロック 決勝戦 熊西VS九学
「第46回会長杯高校ラグビー大会」Aブロックは熊本西が優勝!の説明
 高校新年度最初の公式戦、「第46回会長杯高校ラグビー大会」が3ブロックに11チームが参加し4月7日(日)から20日(土)にかけて開催されました。
 Aブロックは熊西が岱志を、九学が熊工をそれぞれ破り決勝戦へ進出。決勝戦は熊西が後半に逆転して35-14で快勝し、3連覇を達成しました。3位決定戦の岱志対熊工は後半終了間際に岱志がトライを挙げて21-21の同点となりました。
 Bブロックは熊北が熊本に勝利し、決勝戦は済々黌との対戦なりました。決勝戦でも安定した試合運びで19-5で勝利し熊北が優勝しました。
 Cブロックは専玉が開新・第二に、東海・東稜が八工にそれぞれ勝利し決勝戦へ。決勝戦は東海・東稜が17-5で専玉に勝利し優勝しました。3位決定戦は八工が開新・第二に25-5で勝利しました。
 
 なお、20日に実施された高校総体へ向けてのシード決定戦は、Aブロック4位岱志vsBブロック1位熊北戦は15-17の僅差で熊北が勝利。Aブロック3位熊工vsBブロック2位済々黌戦は59-7の大差で熊工が勝利。
 この結果、高校総体は第1シード熊西、第2シード九学、第3シード熊工、第4シード熊北に決まりました。
 
(Aブロック決勝:熊西VS九学)
 小雨で肌寒いコンディションの中、「熊本西VS九学」の県会長杯Aブロック決勝戦が4月14日(日)スポーツ広場で実施され、後半逆転した熊本西が3連覇を達成しました。
 前半はお互い手探り状態で試合は動かず、10分過ぎまで無得点のこう着状態が続きます。試合が動いたのは14分、相手キックをキャッチした九学⑮甲斐が大きくゲイン。ポイントを作ってさらにBKへ展開。⑩中井が真ん中にトライ(⑩G成功)し7-0と先制。
 しかし22分今度は熊西が得意のモール攻撃で前進、最後は⑨越戸が抜け出し中央へトライ、⑩東がなんなくゴールキックを成功させ7-7の同点。終了間際の25分には九学が熊西ゴール前から右へ展開、ライン参加した⑦汐月がうまくラインブレイクし中央へトライ(⑩G成功)再び14-7とリードし前半終了。
 
 後半7分には九学ゴール前からモールで熊西が10m以上押し込みまたもや⑨越戸が押さえ込んで右隅へトライ。難しい位置のゴールコンバージョンキックも⑩東が決めて14-14で同点。勝負がわからなくなりました。
 12分相手ゴール前22m付近でしつようにモール攻撃した熊西、今度はハイパントキック。九学のキャッチミスで弾んだボールを追いかけた⑩東が必死につかんでグラウンディング、勝ち越しトライを奪います。さらに自らゴールキックを成功させ21-14。
 そこからは熊西ペースでゲームは進み、20分、26分とまたもやモール攻撃からトライを追加(いずれもG成功)。結局後半4T4Gを奪い逆転した熊西が九学を無得点に抑え35-14で快勝し、3連覇を達成しました。
 
 熊西はモール攻撃を徹底し、それも相手ゴール前に限らず自陣からも積極的にモールを仕掛けて相手プレイヤーを巻き込み、ディフェンスが手薄になったところで素早いパス攻撃やキックで優位に立ちました。非常に有効なモール攻撃で後半は九学を封じ込めたのが勝因と言えるでしょう。
 
※その他の写真はフォトギャラリー①フォトギャラリー②をご覧ください。
平成31年度 協会長杯試合結果   (2019-04-13・67KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1911319