試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第38回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」準決勝戦 結果
荒尾・岱志VS濟々黌
荒尾・岱志VS濟々黌
荒尾・岱志VS濟々黌
荒尾・岱志VS濟々黌
荒尾・岱志VS濟々黌
3位の濟々黌メンバー
熊本北VS九州学院
熊本北VS九州学院
熊本北VS九州学院
熊本北VS九州学院
3位の熊本北メンバー
荒尾・岱志VS濟々黌
「第38回全九州高校新人大会県予選兼RKKカップラグビー大会」準決勝戦 結果の説明
 2月20日から24日にかけて地元熊本県で開催される九州高校新人大会出場を目指す「第38回全九州高校新人大会県予選兼 RKKカップラグビー大会」準決勝戦4試合が1月23日(土)、県民総合運動公園スポーツ広場にて実施されました。2試合の結果を掲載します。
 
 第1試合、「荒尾・岱志 対 濟々黌」は接戦となりました。開始早々からお互いキックで敵陣へのエリア獲得を狙いますが、両チーム堅い守りでゴールを割らせません。しかし荒尾は少ないチャンスからバックスのランとフォワードのサイドアタックで2本のトライをあげて前半を10-0で折り返します。濟々黌も前半から荒尾のアタックを低いタックルで止めてチャンスを伺います。濟々黌は後半終了間際にフォワードがPKから素早く仕掛け、サイドを何度かアタック、粘り強く最後はトライを決めて7-10と3点差に迫りましたが、残り時間がなく荒尾の勝利となりました。
 
 第2試合の「熊本北 対 九州学院」もロースコアの接戦となりました。開始から熊北が優勢に試合を運び、九学ゴール前までフォワードが迫りますが九学の攻守によりトライならず。逆に九学は前半終了間際に自陣からバックスが果敢にカウンター攻撃、一気に熊北陣内まで切り込んでトライ。前半は7-0と九学リードで折り返します。後半に入り熊北も積極的にバックスへ展開しますが九学の攻守に阻まれ、ボールが継続できないところを九学がカウンターアタックでトライをきめて12-0。その後もお互い攻め込むも相手の強烈なプレッシャーからかハンドリングエラーでチャンスを生かせずノーサイド、九学が勝利しました。
 
 この結果、荒尾・岱志と九州学院が決勝戦へ進みました。スケジュール詳細は下記をクリック願います。
尚、決勝戦は1月30日(土)午後1時から運動公園スポーツ広場で実施(水前寺競技場が改修工事のため)、RKKテレビでは深夜に録画放映されます。また、試合に先立ち午前11時から平成27年度熊本県高校ベスト15の表彰も実施予定です。
 ぜひ、グラウンドでのご声援をお願いいたします。
 
H27 RKKカップラグビー試合結果   (2016-01-23・60KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1655031