試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第71回全九州高校ラグビー大会」準決勝戦、九学は決勝へ、熊西は勝利ならず。
九州学院VS鹿児島工業
九州学院VS鹿児島工業
九州学院VS鹿児島工業
九州学院VS鹿児島工業
九州学院VS鹿児島工業
九州学院VS鹿児島工業
熊本西VS長崎北陽台
熊本西VS長崎北陽台
熊本西VS長崎北陽台
熊本西VS長崎北陽台
熊本西VS長崎北陽台
九州学院VS鹿児島工業
「第71回全九州高校ラグビー大会」準決勝戦、九学は決勝へ、熊西は勝利ならず。の説明
 「第71回全九州高等学校ラグビーフットボール競技大会」の準決勝戦が6月17日(日)、熊本県民総合運動公園スポーツ広場で開催されました。
 前日の1回戦を共に勝ち上がった熊西と九学ですが、準決勝戦の結果、2位ブロックの九学は鹿児島工業に42-21で勝利し、19日(火)の決勝戦に進出しました。1位ブロックの熊西は長崎北陽台に12-40で敗れ残念ながら決勝進出はなりませんでした。
 
 尚、最終日は10:30から2位ブロックの決勝戦「九州学院対筑紫(福岡代表)」、11:50から1位ブロックの決勝戦「東福岡対長崎北陽台」の試合が運動公園スポーツ広場で開催されます。
 多くの皆様のご声援をよろしくお願いいたします。
 
 (1位ブロック準決勝戦 第2試合:熊西VS長崎北陽台)スポーツ広場
北陽台のキックオフでゲームスタート。開始3分先制したのは北陽台、敵陣10mのスクラムからBKへ展開、スピードに乗ったラインアタックで⑮山口がトライ、ゴールも成功し7-0。しかし熊西もすぐに反撃、PKからのタッチキックは風上から大きく伸びて北陽台陣内深くへ、マイボールラインアウトのサインプレーから最後は②大森が左隅にトライ、⑮後藤のゴールも決まり7-7と追いつきます。北陽台は14分、ラインアウトからモールを押し込み②永野がトライし(G成功)14-7、26分にはFW、BK一体となったアタックで⑭酒井がインゴール右隅に飛び込みトライを決め19-7(G不成功)と北陽台リードで前半終了。後半も北陽台はスピードのある⑮山口が7分、14分にもトライを決めて33-7と大きくリードを広げます。モールから反撃の糸口を掴みたい熊西は、後半28分に敵陣22mラインのPKからBKも入った14人のモールを押し込み、最後は⑨越戸が中央にトライ、12-33(G不成功)と食い下がりますが、北陽台は29分にも追加のトライ(G不成功)を決めて40-12となり、残念ながら熊西の決勝進出はなりませんでした。
 
(2位ブロック準決勝戦第2試合:九学VS鹿児島工業)スポーツ広場
 鹿児島工のキックオフでスタート、序盤九学はPKもタッチに出さず、積極的にアタックしますがなかなか敵陣に入れません。しかし九学はPKからタッチキックで鹿児島工の陣内へ入りFWでフェーズを重ねると、13分に⑫吉永が大きくゲインしゴール前のラックから⑤上野がサイドを突き先制トライ、⑫吉永のゴールも成功し7-0とします。風上でキックを有効に使う九学は18分、敵陣ラインアウトから⑤上野が相手の裏に抜け出しラックからBKに展開し⑬村上がトライ、14-0(G成功)とします。さらに九学は23分にキック処理からボールを持ち込みラック、素早くBKに展開しテンポよく回ったボールは⑭甲斐へ、そのまま走り切りトライ、21-0(G成功)として前半を折り返します。後半はお互い攻め手を欠き、ゲームは膠着状態へ。動いたのは14分、鹿児島工はゴール前のラインアウトからチャンスを作り、BKに展開、⑪内野がトライし7-21(G成功)とします。九学は17分、テンポのいいアタックからタイミングよくBKへ展開、⑩、⑮、⑭甲斐へとボールが渡りトライ、28-7(G成功)。その後はお互い2トライずつ挙げましたが、前半の貯金を守った九学が42-21で勝利し、決勝戦へ進みました。この試合、6本のコンバージョンキックを決めた九学⑫吉永のキックの精度の高さが光りました。
 
※試合結果はこちらの九州協会のホームページをご覧ください。
 
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1611239