試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「第20回熊本市中体連ラグビー大会」帯山中が3年ぶりの優勝。
集合写真 優勝の帯山中メンバー
集合写真 優勝の帯山中メンバー
3位決定戦 附属中VS出水中
3位決定戦 附属中VS出水中
決勝戦 帯山中VS東部・龍田中
決勝戦 帯山中VS東部・龍田中
閉会式
表彰式
集合写真 優勝の帯山中メンバー
「第20回熊本市中体連ラグビー大会」帯山中が3年ぶりの優勝。の説明
 参加6校5チームで「第20回熊本市中体連ラグビー大会」1回戦・準決勝戦が6月24日(土)25日(日)県民総合運動公園スポーツ広場で、決勝戦が26日(月)ラグビー場で開催されました。
 初日、1回戦熊大附属中対託麻中はスピードを誇る甲斐選手を中心に、攻め勝った附属中が昨年の覇者託麻中を66-5の大差で一蹴しました。
 2日目、強雨が心配されましたが薄曇りで試合は実施。準決勝第1試合帯山中対附属中は試合巧者でスピードに勝る帯山中が附属中を圧倒し56-0で大勝。附属は昨日の快進撃の再現とならず、特にセットプレーでマイボールのキープができず苦戦し敗退しました。
 続く準決勝第2試合、東部中・龍田中合同チーム対出水中は接戦、好ゲームとなりました。ともにトライを取りつ取られつの展開で前半は両チーム2トライでしたがゴールコンバージョンの差で14-12と東部・龍田中がリード。後半もお互いトライの応酬となりましたが東部・龍田中がわずかに上回り結局35-22で勝利。しかし、点差ほどの差はなく、トライ後のゴールコンバージョンの大事さを証明した試合でした。この結果、帯山中と東部・龍田中の2チームが決勝戦へ進出しました。
 
 最終日、26日(月)まず3位決定戦、附属中対出水中戦が行われ、こちらも接戦、好ゲームとなりました。ともに3Tながらゴールコンバージョン1本の2点差、21-19で附属がかろうじて勝利しましたがなかなか面白い試合でした。
 優勝決定戦は4月の県選手権大会決勝の再現となりましたが、帯山中が今回も東部・龍田中合同チームを振り切り3年ぶりの優勝を飾りました。
 前半6分キック、タッチからクイックスローでボールをもらった帯山10番宮本が走り切って先制トライ、ゴールコンバージョンも成功で7-0。続けて11分にも相手ゴール前のPKから帯山12番徳永が素早く持ち込み中央へトライ(ゴール成功)14-0と優位にたちますが、東部・龍田チームも終了間際に一瞬の隙をついてタッチライン沿いを走り切った1番大森が左隅へトライ、ゴールキックは不成功ながらも後半に期待をもたせる得点をあげます。(前半:帯山14-5東部・龍田)
 後半は8分PKをもらった帯山中4番大谷がピーからゴーで中央突破しトライ(ゴール成功)で21-5と突き放します。しかし、13分に東部・龍田チーム5番小山下が抜け出しポスト左へトライし10-21と詰め寄りますが、15分にキックからドリブルでゴールに蹴りこんだボールを密集のなか一瞬早くグラウンディングした帯山がトライ、さらに終了間際にも1Tを重ねて帯山中が結局合計5T4Gをあげ33-10で頂点に立ちました。
 
 なお、準決勝進出の4チームが7月22・23日に運動公園ラグビー場で開催される県中体連大会に出場します。県北から玉名・海陽中合同チーム、山鹿中の2チームに熊本市の4チームで実施し、さらに上位3チーム(予定)が8月4日~6日大分・鯛生金山スポーツセンターで開催の「第30回新島旗九州中学校ラグビー大会」に出場します。昨年は託麻中がAグループ(1位グループ)で見事優勝し9月の全国大会へ出場、準決勝で敗れたものの全国で4位という立派な成績をあげてくれました。今年も期待したいものです。
 初々しくラグビーボールに触れ、一生懸命練習しプレイする熊本の中学生ラガーマンにこれからもご支援、ご声援をお願いします。
 
※その他の写真はこちらのフォトギャラリーをご覧ください。
 
第20回熊本市中体連試合結果   (2017-06-26・51KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1453353