試合結果・告知詳細

 

試合結果

試合結果
 
「平成30年度県中体連ラグビー大会」は出水中が初優勝!!
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
3位決定戦 附属・龍田中VS託麻中
3位決定戦 附属・龍田中VS託麻中
3位決定戦 附属・龍田中VS託麻中
3位決定戦 附属・龍田中VS託麻中
3位決定戦 附属・龍田中VS託麻中
決勝戦 出水中VS帯山・東部中
「平成30年度県中体連ラグビー大会」は出水中が初優勝!!の説明
 先の熊本市中体連出場4チームの出水中、帯山・東部中合同、附属・龍田中合同、託麻中に、山鹿中と玉名・荒尾海陽中合同を加えた参加6チームで「平成30年度熊本県中学校総合体育大会ラグビー競技」が7月21日(土)、22日(日)に熊本県民総合運動公園ラグビー場にて開催されました。
 
 初日午前9時30分より開会式が実施され、前年優勝の帯山中 井島慎次朗主将から優勝旗の返還、選手宣誓のあと1回戦2試合が行われました。
 猛暑、熱中症が心配されましたが試合前に一雨来てややしのぎやすい天候の下、第1試合「託麻中対山鹿中」がキックオフ。前半2T1Gをあげた山鹿中が12-0とし優位に立ちますが後半は形勢が逆転し7分と10分に2T1Gをあげた託麻中が12-12と追い上げイーブン。時間が無くなり抽選かと思われたノーサイド直前20分に託麻中が決勝トライをもぎ取り17-12で接戦を制しました。
 第2試合「附属・龍田中対玉名・荒尾海陽中」はさほど差はなかったものの、附属・龍田合同チームが確実に得点機をものにし前後半6T2Gをあげ玉名・荒尾海陽中を前後半2T2Gに抑え34-14で快勝し翌日の準決勝戦へ進出しました。
 
 続く22日、2日目は暑さを考慮し午前早めと午後遅くの2部に分け、また4チームとも2試合実施の為15分ハーフでの試合となりました。
 準決勝第1試合「出水中対託麻中」は圧倒的な攻撃力を誇る出水中がパワー全開、開始1分のトライを皮切りに8T5G合計55点を挙げ、託麻中を零封し完勝。
 第2試合「附属・龍田中対帯山・東部中」は接戦となりました。得意のモール攻撃でゲインしBKへ展開する得点パターンで附属・龍田中が5分に先制しますが、前半終了前の14分に帯山・東部中がFWの突進でトライ、ゴールコンバージョン成功で7-5と逆転。後半もともに1Tをあげますがゴールキックの差で7-5と前半同様の得点となり結局帯山・東部中が14-10で決勝戦へ進みました。
 
 午後の部、「託麻中対附属・龍田中」の3位決定戦は序盤点数が動かず、やっと11分相手キックがラッキーバウンドになり附属選手の胸にスポッと入り先制トライ(G成功)7-0。さらに後半1分のFWラッシュからのトライに加え、7分には得意のモール攻撃でゲインし最後は12番徳永へつなぎトライ、その後も1Tを重ね26-0で附属・龍田中附属・龍田中が勝利しました。
 
 最終試合の決勝戦「出水中対帯山・東部中」は6分スピードとすばやいパスワークで相手陣地へ攻め込んだ出水中がゴールライン前のラックから右へ展開、受け取ったFW1番大石がポスト右へトライ、7番桐原のGキック成功で7-0。さらに11分自陣で相手ボールをターンオーバーした出水中がまたも大きくゲイン、パントキックをうまくキャッチした1番大石が右中間にまたもやトライ、G成功で7点を加え14-0と優位に立ちます。しかし、その後雷が発生、しばらく待機ののち前半残りをプレイしますが得点は変わらず前半は14-0で出水がリードし終了。
 ハーフタイムに入って雷が止まず、30分ほど待ちますが結局選手の安全最優先の為、試合は前半だけで成立とし終了しました。この結果、出水中が嬉しい初優勝を飾りました。
 
 大会は何とか猛暑もしのいで順調に進んでいましたが、最後の最後に自然の脅威にさらされました。全日程を終えられなかったのは残念ですが、選手を一番に思う大会スタッフの苦渋の決断に敬意を表します。大会関係者、選手、指導者また最後まで熱烈なる応援を送ってくれた保護者、中学ラグビーファンの皆さまお疲れさまでした。
 
※1回戦と準決勝戦のフォトギャラリーはこちら
 
平成30年度県中体連ラグビー大会試合結果   (2018-07-24・58KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1614145