試合結果・告知詳細

 

試合結果・告知詳細

試合結果・告知詳細
 
6月13日(日)に「第1回 人吉田んぼラグビー」が開催されました!
人吉ラグビー協会 西会長挨拶
人吉ラグビー協会 西会長挨拶
開会式の模様
八代ラグビー協会 橋本会長
天草ラグビー協会 立川会長
オープニングの人吉ねぶか太鼓の演奏
会場にはクボタスピアーズの横断幕
試合の模様
試合の模様
試合の模様
両チームで記念写真
人吉ラグビー協会 西会長挨拶
6月13日(日)に「第1回 人吉田んぼラグビー」が開催されました!の説明
 6月13日(日)に、人吉市の井口八幡神社横の田んぼにて「第1回 人吉田んぼラグビー」が開催されました。2019ラグビーワールドカップ熊本大会をきっかけに、人吉ラグビーフットボール協会と人吉ラグビースクールが設立されました。本大会は、ラグビー文化の無かった球磨人吉地域で、ラグビーを普及させる一環として、また、田んぼの中で全ての世代・性別を問わず楕円球に親しむ事を目的として開催されました。
 
 天気予報では大雨も予想されましたが、当日は曇りながらも時折日差しが指す絶好の田んぼラグビー日和の中、26チーム、約160名の子供から大人の選手、保護者や関係者が一堂に会しました。
9時30分から井口八幡神社で実施された開会式では、主催者の人吉ラグビー協会の西会長、共催者の八代ラグビー協会の橋本会長、天草ラグビー協会の立川会長がそれぞれ挨拶をされました。競技説明などが終了すると、大会を盛り上げるために会場では「人吉ねぶか太鼓」の奏者の皆さんが威勢のいい掛け声と共に、和太鼓の演奏をされました。
 
 開会式終了後は、準備された神社横の田んぼ2会場に、それぞれ2面と1面の計3面の田んぼグラウンドに全員で移動して、最初にルールの説明を兼ねたエキシビジョンマッチが行われました。
 グラウンド内でプレーできる選手は1チーム4名で交代は自由、試合時間は7分ハーフの前後半で実施されました。1回の攻撃でタッチを4回されると攻守交替となり、そのほかはノックオン、スローフォワード、オフサイド等の基本的なルールはラグビーのルールと同じで競技運営がされました。
 各グラウンドで試合が開始されると、最初は綺麗だったジャージやユニフォームが試合が進むにつれ、あっという間に泥だらけに。トライのシーンでは華麗なダイビングトライが繰り広げられました。プレー中にはタッチやトライで体ごと田んぼに突っ込み、顔中が泥だらけになって、泥で目が明かないアクシデントも発生。また、履いていた靴やサンダルが泥の中に埋もれて、それを探すのにプレーが中断するなど、田んぼラグビーならではのハプニングもありました。それでも試合中は泥に足を取られ、きついながらも最後まで笑顔や笑い声が絶えることなく子供から大人まで老若男女問わず、思いっきり田んぼラグビーを満喫しました。試合が終了すると、お互いの健闘を称え、両チームで記念写真の撮影や、田んぼ横の用水路に一緒に入り、ジャージと身体を流すなどして懇親を深めました。こちらも皆さんとても気持ちよさそうでした。
 また、グラウンドの横ではキッチンカーが駆け付け、かき氷がサービスで子どもたちに振舞われ、子どもたちも大満足でした。
 
 13時からは閉会式が行われ、会場では各チームにおにぎりが配れたあとにお楽しみのジャンケン大会が始まりこちらも子供たち中心に大盛況でした。景品にはツツミスポーツさんからTシャツ、クボタスピアーズさんからはキャップと折り畳みリュックサックを協賛でいただきました。ありがとうございました。
 
 今回初めての開催ながら、参加者や保護者の皆さんの笑顔が終始絶えず、大成功だった「第1回人吉田んぼラグビー」。準備から当日の運営をされた人吉ラグビー協会のスタッフの皆様、共催の八代・天草ラグビー協会のスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。また、素晴らしい大会をありがとうございました。
 
※その他の写真は、フォトギャラリー①と、フォトギャラリー②をご覧ください。
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
2348488