強化委員会からのお知らせ

 

試合結果・告知詳細

試合結果・告知詳細
 
九州ブロック国体の結果、成年は2年連続出場権獲得!少年・女子は予選敗退。
茨城国体への出場を決めた熊本成年チーム
茨城国体への出場を決めた熊本成年チーム
成年チーム 試合の模様
成年チーム 試合の模様
成年チーム 試合の模様
成年チーム
表彰式 第3代表の熊本成年チーム
熊本少年チーム
熊本女子チーム
熊本女子チーム
熊本成年チームと女子チーム
茨城国体への出場を決めた熊本成年チーム
九州ブロック国体の結果、成年は2年連続出場権獲得!少年・女子は予選敗退。の説明
 8月23日(金)から25日(日)にかけて佐賀県総合運動場で第39回九州ブロック国体が開催されました。茨城国体の出場権をかけて、今年度も成年、少年、女子の3カテゴリーでの開催となりました。
 
 7人制 成年の部は23日に2パートに分かれ熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の4チームで予選リーグ戦を行いその結果、熊本県は宮崎県に24-7、鹿児島県に26-19、沖縄県に22-14と全勝し、Aグループ1位で予選リーグを通過。
 25日の決勝トーナメントは1回戦でBグループ4位の長崎県と対戦し前半に3トライを挙げて19-0、後半も3トライを追加し38-7で勝利し代表決定戦へ進みました。代表決定戦では1回戦で沖縄県を破ったAグループ2位の佐賀県と対戦し、前半は熊本が1トライ、佐賀が2トライをあげて5-14と佐賀9点リードで折り返します。しかし後半に入り佐賀が4トライを重ねるも対する熊本はノートライに終わり、5-38で敗れ第3代表決定戦に回りました。代表決定戦は福岡と対戦。前半は14-14のイーブンで折り返し、後半は熊本が2トライを挙げ、守っても福岡を1トライに抑え26-21の1トライ差で見事勝利し、茨城国体への出場を決めました。
 
 15人制 少年の部は3パートに分かれてのトーナメント戦を実施。23日に1回戦が行われ、Aパートの熊本県は初戦、大分県と対戦。前半は熊本、大分とも1トライを挙げて熊本5-7大分で折り返します。後半に入りゲームは膠着状態が続きお互い追加点が入らず、このままノーサイドと思われましたが終了間際、相手陣内での難しい位置でのペナルティゴールを⑮中尾(熊西)が決めて熊本が8-7で劇的な勝利を挙げて代表決定戦へ進みました。25日に行われた強豪福岡との代表決定戦。大分戦での勝利で勢いをつけて臨みましたが、福岡が前半5トライ、後半にも7トライの猛攻で、0-78。昨年に続き福岡県の厚い壁に阻まれ残念ながら本国体出場権は獲得できませんでした。
 
 今回が4回目の国体競技に正式採用された7人制女子の部は23日に2パートに分かれ熊本県・長崎県・宮崎県・鹿児島県の4チームで予選リーグ戦を行いました。予選の結果は熊本県0-29長崎県、熊本県5-17宮崎県、熊本県5-50鹿児島県となり予選はBグループ4位通過となりました。25日の決勝トーナメントでは1回戦でAグループ1位の福岡県と対戦し前・後半で5トライずつ計10トライを挙げられ、残念ながら0-66で初戦敗退となりました。
 
 この結果、少年、女子は残念ながら予選敗退となりましたが、成年は見事に本国体出場を決めました。今年のいきいき茨城ゆめ国体で、成年の部7人制ラグビーは9月30日(月)~10月1日(火)にケーズデンキスタジアム水戸で開催されます。昨年の福井国体では今までの最高の成績である準優勝の好成績を収めた熊本成年チーム、今年も国体での活躍が大いに期待されます。
 各チームの選手・監督・コーチ・関係者の皆さん、ご苦労様でした。
 来年は3チーム同時国体出場決定の快挙を期待しましょう!!
 
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
2008421