SWEETIES通信&活動報告

 

SWEETIES通信&活動報告

SWEETIES通信&活動報告
 
1月31日(日)「第4回女子7人制八代大会」が開催されました。
開会式
開会式
熊本県ラグビーフットボール協会 笠会長挨拶
八代ラグビーフットボール協会 橋本会長挨拶
八代市副市長 永原辰秋様挨拶
選手宣誓 中山選手(宮崎レディースラグビークラブ)
SWEETIE LADY BEARSメンバーと八代ラグビースクール生
タグラグビーゲーム
タグラグビーゲーム
タグラグビーゲーム
タグラグビーゲーム
開会式
1月31日(日)「第4回女子7人制八代大会」が開催されました。の説明
 「第4回女子7人制ラグビーフットボール八代大会」が1月31日(日)に八代市球技場にて晴天の下、開催されました。7人制ラグビー大会の参加チームは熊本代表「SWEETIE LADY BEARS」をはじめ、「鹿児島女子ラグビーチーム」「大分ウイメンズRFC」「宮崎レディースラグビーチーム」の4チームが参加しました。
 また、昨年に引き続き今年も一人でも多くの女子にラグビーに親しんでもらう目的で、 県内の各高校ラグビー部のマネージャーもタグラグビー大会に参加しました。九学、熊北、濟々黌、熊西、東稜、東海大星翔、八代工、熊本、荒尾・岱志の総勢27名のマネージャーが参加しました。
 
 開会式後のタグラグビーでは和やかなムードの中で八代、氷川ラグビースクールの子どもたちとマネージャーチームがゲームを行いました。タグラグビーに慣れている子供たちを相手にマネージャーチームは最初苦戦しますが、プレーしながら徐々にルールも理解。前に投げていたボールも段々と後ろに行くようになりボールが繋がるようになりました。タグを取る際も子供たちの低い腰の位置に捕るタイミングが合いませんが、ゲームを進めるごとにタイミングも合うようになり、ディフェンスの面白さも体験できました。さすがに普段から楕円球になれているスクール生には勝てませんでしたが、その後に行われたマネージャー同士の試合ではめまぐるしく攻守も入れ替わり白熱したゲームとなりました。マネージャーチームは4チームに分かれて総当たりのリーグ戦を行い1位と2位のチームには八代協会から甘い「いちご」の景品が贈られました。
 
 真剣勝負の7人制大会ではでは15人制と同じ広さのグラウンドを使いますが、ディフェンス力とプレー中のコミュニケーションが勝負のカギとなります。今年はどこのチームも試合中は前に出るタックルでしっかりと相手の出足を止め、しつこくボールに絡み、素早くボールを空いたスペースに運ぶ一連のプレーが充実しており、見応えのあるゲームが展開されました。中でも「宮崎レディース」は抜群のアタック力と組織的なディフェンスで優勝、3連覇を達成しました。
 試合後は4チームの選手が集まり、八代協会の素晴らしいおもてなしでアフターマッチファンクションが行われ戦った選手同士で親睦を深めました。全チーム、昨年より確実にチーム力が上がっており今後の活躍が期待される大会となりました。
 
 又、当日はRKKテレビや熊本日日新聞の取材もあり、リオデジャネイロオリンピック出場を決めたサクラセブンズが注目されて益々盛り上がりを見せる女子ラグビー。ぜひこの大会から2019年の東京オリンピックで活躍する選手が誕生して欲しいものです。
 主管された八代ラグビーフットボール協会の役員、関係者をはじめスタッフ、保護者の皆様1日お疲れ様でした。
その他の写真はこちらをご覧ください。
 
 尚、この大会の模様が2月1日(月)15時からRKKテレビの情報番組「WELCOM!ウェルカム」で放送されます。ぜひご覧ください。
※放送予定が変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。
 
第4回女子7人制八代大会 試合結果   (2016-01-31・76KB)
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1658247