レフリング

 

7人制ラグビーのルールについて

7人制ラグビーのルールについて
 
熊本県ラグビーフットボール協会
レフリー委員長 今田直人

今年度は、ルールやルーリングについて大きな改正点はありません。そこで、今回はオリンピック種目にも決定し、また、今年から高校の全国大会も開催された、近年注目度が増している「7人制ラグビー」の競技規則やプレー観について、15人制との違いをまとめてみることとします。レフリーサイドから見た観点です。大筋は15人制と変わりません。
 
「2014セブンズマッチオフィシャルガイドライン」最終ページより
(今年度伝達講習会で使用した資料です。)
 

《参考》15人制と7人制の違い

《参考》15人制と7人制の違い
 
A マインドセット
・ボールポゼッションが重要
・一試合だけでなく、トーナメント
・多くのチームはコンタクトを回避
・多くのクイックタップキック
・タッチに出た際には、より多くのクイックスローイン

※不正なプレーに関しては15人制と比べ、より厳密に(すぐに)イエローカード(レッド)が適用されることも知っておく必要があります。
 
B ルールの適用
・7人のプレーヤー
・時間
-7分の前後半と、2分のハーフタイム
-決勝は10分
-シンビンは2分
-コンバージョンキックは40秒、ペナルティキックは30秒
・コンバージョンとゴールを狙うペナルティキックはドロップキック
・トライ後のリスタートキックオフはスコアしたチームが行う
・スクラムは3人ずつ
・交代のプレーヤーは5名指名で、5名まで
・1996年から、インゴールジャッジが採用
 
C プレーヤー
・スピード、スピード、スピード・・よりスピーディな動きが求められる
・本質的には15人制と同じプレーが求められる
 
D スキル
・機動力
・1対1のタックル
・セットプレーと同じようにリスタートキックは重要
・ドロップキックのスキル
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1453354