ワールドカップ特集

 

ワールドカップ関連 活動報告

ワールドカップ関連 活動報告
 
10月5日、フランスのエクサンプロヴァンス市と熊本のシニアチームが交流。
くまモンを囲んでエクサンプロヴァンス市シニアメンバー
くまモンを囲んでエクサンプロヴァンス市シニアメンバー
オーバー60才の試合の模様
オーバー60才の試合の模様
オーバー60才の試合の模様
オーバー60才の試合の模様
オーバー40才の試合の模様
オーバー40才の試合の模様
オーバー40才の試合の模様
集合写真
集合写真
くまモンを囲んでエクサンプロヴァンス市シニアメンバー
10月5日、フランスのエクサンプロヴァンス市と熊本のシニアチームが交流。の説明
 10月5日(土)、熊本市の交流都市であるフランス、エクサンプロヴァンス市と熊本のシニアラグビーチームが試合とアフターマッチファンクションで交流を深めました。エクサンプロヴァンス市のシニアチーム一行は36名で来熊されました。
 会場の運動公園スポーツ広場では試合に先立ち、応援に駆け付けたくまモンに、ルコック社からフランス代表風のジャージがプレゼントされました。
 熊本は熊惑クラブ、八代惑クラブ、山鹿ゆ惑クラブの3チームから編成され、エクサンプロヴァンス市との試合は60代以上と、40代以上のカテゴリーに分けて3試合行われ、成績はお互い1勝1敗1分けのイーブンとなりました。お互い、年齢を感じさせない気迫のこもったプレーが随所に披露され、観客からも大きな声援が送られました。
 16時からはアフターマッチファンクションが上通りのYOKOBACHIで行われ、熊本シニアチームメンバーが会場で琴の生演奏される中、エクサンプロヴァンス市シニアチームメンバーを出迎えました。会の冒頭には山鹿灯篭踊りも披露され、会場は一気に和の雰囲気に。笠県協会会長の挨拶のあと、熊本チームからフランスチームへ県産品の来民うちわや八代のいぐさで製作されたラグビーボールなどが贈られました。乾杯のあとは和やかな雰囲気に。多野熊本副市長が「お互いの長いお付き合いをお願いしたい。フランスと日本が共に決勝トーナメントに進むことを願っています」と挨拶をされました。その後、フランスチームから熊本の3チームへ、フランス代表レプリカジャージとボールが贈呈されました。
 今回のワールドカップでフランス代表が、熊本でキャンプと試合をするご縁で、今回の交流が実現しました。ワールドカップならではの深い絆で結ばれた素晴らしい交流となりました。
 
※アフターマッチファンクションの写真はこちらをご覧ください。
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1911280