ワールドカップ特集

 

ワールドカップ関連 活動報告

ワールドカップ関連 活動報告
 
ウェールズラグビー協会より6名が来熊され、ラグビー選手たちと交流を深めました
運動公園陸上競技場にて
運動公園陸上競技場にて
中学生のラグビー教室
ウェールズ協会、熊本県協会、熊本国際スポーツ大会推進事務局との懇親会
小学生のラグビー教室 講師紹介
小学生のラグビー教室 開講式の模様
小学生のラグビー教室 講習の模様
小学生のラグビー教室 講習の模様
小学生のラグビー教室 講習の模様
小学生のラグビー教室 講習の模様
小学生のラグビー教室 講習の模様
運動公園陸上競技場にて
ウェールズラグビー協会より6名が来熊され、ラグビー選手たちと交流を深めましたの説明
 ラグビーワールドカップ2019日本大会の出場国で、現在世界ランキング2位のウェールズからウェールズラグビー協会の6名の方が、市民やラグビー選手と交流を深める目的で7 月 14 日(日)~17 日(水)に来熊されました。
 ウェールズ代表は熊本県民総合運動公園陸上競技場にて、10 月 13 日(日)17 : 15 からウルグアイ代表と対戦します。
 
 初日の7 月 14 日(日)は時折雨が降りしきる中、熊本市立水前寺競技場で県内の中学生ラグビー選手160人を対象にラグビー教室を開催。その日の夜には、熊本県ラグビー協会と熊本国際スポーツ大会推進事務局との懇親会が開かれました。 
 2日目の15日(月・祝)は、天気にも恵まれ午前中に県民総合運動公園スポーツ広場にて、県内のラグビースクールを中心とした小学生206人を対象に約2時間、楽しめるメニュー構成でラグビー教室を開催していただきました。午後からはワールドカップの会場でもある熊本県民総合運動公園陸上競技場を視察され、ロッカールームやピッチの状態などを確認されていました。さらにそれが終わると運動公園ラグビー場で高校生ラガーを対象にラグビー教室を実施していただきました。
 3日目の16日(火)には。ウェールズ政府のロビン・ウォーカー代表も合流されて、大西熊本市長と、蒲島熊本県知事を表敬訪問されました。
 慌ただしいスケジュールでウェールズ協会の方々もお疲れになったことでしょう。それでも子供たちのために熱くご指導していただきありがとうございました。
 
※その他の写真はこちらのフォトギャラリーをご覧ください。
 
【来熊いただいたウェールズラグビー協会 6 名 の方々】
Rhys Williams (リース・ウィリアムズ)
ウェールズラグビー協会 
グループ営業開発マネージャー
 
Greg Woods (グレッグ・ウッズ)
ウェールズラグビー協会
ラグビー事業マネージャー
 
Rachel Taylor (レイチェル・テーラー)
ウェールズラグビー協会
RGC West地域ラグビーコーディネーター
 
Adrian Evans (エイドリアン・エバンズ)
ウェールズラグビー協会
ドラゴンズ地域マネージャー
 
Richard Hardy (リチャード・ハーディ)
ウェールズラグビー協会
スカーレッツ地域ラグビーコーディネーター
 
Allan James (アラン・ジェームズ)
ウェールズラグビー協会
RGC East地域WRUラグビーコーディネーター
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1924702