総務委員会からのお知らせ

 

活動報告

活動報告
 
平成31年度県協会総会がパレア会議室で4月21日(日)に開催されました。
熊本県ラグビー協会 笠会長挨拶
熊本県ラグビー協会 笠会長挨拶
安全推進講習会の模様 川端安全対策委員長
講演会 堀内恭彦講師による「インテグリティ対策と指導者の義務」
来賓挨拶 熊本県協会顧問 主海偉佐男様
来賓挨拶 熊本県議会議員 橋口海平様
総会の模様 野口理事長
委嘱状授与 左から中学 久家・少年 赤星・女子 一ノ宮(代理)・成年 村上(代理)の各熊本選抜チーム監督
熊本県体育協会・スポーツ功労者表彰 後藤純一郎氏
熊本県協会表彰 功労賞 大石康晴氏
熊本県協会表彰 優良団体 国体成年チーム
熊本県ラグビー協会 笠会長挨拶
平成31年度県協会総会がパレア会議室で4月21日(日)に開催されました。の説明
平成31年度県協会総会がくまもと県民交流館パレア9階会議室1で4月21日(日)に開催されました。
例年のように12時30分から各チーム出席の安全推進講習会、また今回は14時15分から安全対策に関する講演会が行われました。
 
 今年度の講習会は冒頭に川端安全対策委員長より、昨年に引き続き「安全なラグビーの実現にむけて」をテーマに安全対策の重要性について説明されました。続いて医学関連講習として本田医務委員長が「高校年代選手の頭部外傷と脊椎脊髄外傷」について説明、細かいデータを示しながら外傷の現状を解説されました。最後に門脇コーチ委員長から「ラグビー憲章の再確認」をテーマに講習会が行われ、ワールドカップ前にラグビー憲章を再確認し、正しくラグビーの魅力を広めて行きましょうと啓蒙されました。
 
 14時15分からは九州ラグビー協会スポーツ・インテグリティ保護・強化担当理事であり、弁護士の資格もお持ちである堀内恭彦氏をお招きし「インテグリティ対策と指導者の義務」について講演会が行われました。堀内講師は弁護士の資格と合わせ、ご自身もラグビープレイヤー、コーチの経験から、ラグビーにおけるリスクについて分かりやすく解説をされました。以下主な講演内容のポイントです。
1、インテグリティ(品位~高潔性、健全性、誠実性)
2、スポーツを取り巻くリスク
3、スポーツ指導者の安全配慮義務
4、すべてはプレーヤーのために
5、問題発生時の対応
 合わせて指導者の処分基準にも詳しく解説していただきました。また、必要なことは「問題を問題と感じる力」「問題に対する行動力」であること、インテグリティの概念は、指導者・プレーヤー及び全ての関係者に対し競技の場面のみならず、日常生活や社会生活の場面においても、広く責任ある行動と自覚を求めるものであると説明されました。短い時間ではありましたが大変有意義な講演会となりました。
 
 総会は笠県協会長が議長で進行され、事務局・各委員会から30年度事業報告、決算・監査報告、その後31年度事業計画発表、予算について審議・承認されました。
 
 総会終了後には中学 久家・少年 赤星・成年 村上(代理)・女子 一ノ宮(代理)の各熊本選抜チーム監督へ委嘱状が授与されました。
 さらに熊本県体育協会・スポーツ功労者表彰を受賞された、後藤純一郎氏の紹介と熊本県ラグビーの発展に寄与された功労者個人1名と1団体の協会表彰式が実施され表彰の栄誉を受けられました。
 
【H31年度熊本県ラグビーフットボール協会表彰】
 [功労者]
大石康晴氏
現県協会理事。理事を29年間(S63~H30)お勤めいただき、熊本県のラグビーの発展に寄与された。
 
 
 
[優良団体] 
国体成年チーム
平成30年10月に福井県で開催された第73回国民体育大会において、準優勝という輝かしい成績を収めた。
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1737199